賃貸物件の下見に行った時に確認する箇所

賃貸物件の下見をしたときには見逃さないようにする裏技箇所があります。
消火器の使用期限をチェックすると管理状況を確認することができます。
業務用は約10年、家庭用では約5年という使用期限があります。
物件によては最初に設置をしてメンテナンスをせずに放置されているものがあります。
物件管理に問題がありますし、安全にも問題がでできてしまいます。
いくら物件がきれいであっても、建物の裏や非常階段などゴミが放置されていたり、雑草が伸びきっている状態では、住み出したら臭いや虫に悩んでしまうかもしれません。
掃除がされていない物件は管理体制にも問題があるかもしれません。
避けた方が無難です。
入居者がいる物件の場合には、他の部屋の住人のライフスタイルにも注目をします。
バルコニーや共有スペースに私物やゴミが溜まっているルールを守らない住人もいます。
ゴミが溜まると自分の部屋にも臭いや虫がくるかもしれません。
隣の部屋だけでなく、他の住戸も確認できる範囲で確認をするようにします。

マンスリー百貨
サービス付きのおしゃれで快適なマンスリーマンションを簡単かつホテルよりも手頃な価格で貸し出しています。

契約書の見直しを充分にしてから譲渡しましょう

横浜でエクステリア・外構工事なら加藤建設

理想の平屋、注文住宅を大阪で

MDSが日本のマンションを美しく

関連menu

更新情報

ボックス画像1

不動産売却の際、注意しておくことがあります。
それは土地には宅地と農地の二種類になるからです。

不動産売却を考えている人へのアドバイス

ボックス画像2

賃貸の不動産物件を探す時に見かけるフリーレント物件は、三か月前後の一定の期間だけ家賃が無料になる物件

フリーレント物件はどんな物件か

ボックス画像3

不動産は基本的にはよい資産になりますが、それでも買うべきどうかはよく考えることです。
荷物にな

不動産を買うときに考えることは

ボックス画像4

売れるのかどうか、価値があるのかどうか、というのが不動産に関する重要な要素といえるでしょう。

不動産関係の考えるべきこととして

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

賃貸物件の下見に行った時に確認する箇所